埋没毛に色素沈着!カミソリでのムダ毛処理に失敗した私。

私はもともと体毛が濃く、腕や脛、指の毛、眉毛まですべてが気になっていました。小学生に時には同級生に「何でそんなに毛が濃いの?私と全然違う。」と男子も多くいる場所で言われてしまったため恥かしいやら悔しいやら、ショックが大きかったです。そんなことがあり、ムダ毛を放置するわけにはいきません。徹底的にカミソリで処理しました。その時に失敗してしまったことはシェービングクリームも化粧水や乳液も使わなかったことでした。事前に何の知識も持たないまま処理をしていった結果、ムダ毛が埋没する結果となり、さらに埋没した毛を無理に出そうとして色素沈着を起こしてしまいました。私が処理を始めた時には処理の方法を親に聞くことも恥ずかしかったですし、好き勝手にネット検索ができるような環境になかったため、手探りで処理してしまったのが失敗の原因でした。保湿大事ですね。その後は抑毛ローション、除毛クリームなども使ってみました。抑毛ローションは即効性がないため根気良く続けられる人にしか向きません。もともと面倒くさがりな私は塗る手間ばかりかかって効果がなかなか現れないため挫折しました。一方で除毛クリームの仕上がりはほかの何を使うより効果がありました。私が使っているのはヴィート バスタイム除毛クリーム(敏感肌用)という商品です。ほかの除毛クリームはどうだかわかりませんが、足や腕、手や指の処理には除毛クリームが一番良かったです。特に指はカミソリだとどうしてもケガをしやすいですが、除毛クリームではその点心配がいりません。一度使うとすぐには次が生えてこないため、処理の頻度も少なくて済みました。難点を挙げるなら、顔には使えないことです。クリームが眉毛に付いたら眉毛がなくなりかねません。そのほかにはコストパフォーマンスが高いことです。処理する面積にムダ毛が隠れる厚さでクリームを塗っていかなければならないため、クリームの消費が早いです。私は日ごろ露出が少ない服装で過ごすため頻繁に全身の処理をする必要はありません。このため最近私は大事な日の前日には除毛クリームを使って、それ以外には入念に保湿をしてカミソリで処理しています。
これから処理を始める方はぜひ事前にネットや雑誌から必要な知識を身につけ、それから処理を始めると良いと思います。そして自分のライフスタイルに合った処理の仕方を見つけられたら良いのではないでしょうか。頻繁に処理をすることって時間も取られますし、面倒くさいですから。