痛くて使えない!?脱毛器ソイエを使ったら大変な事に・・・

足のムダ毛処理の悩みをお話し致します。足のムダ毛はカミソリで処理していましたが、この場合、すぐに伸びてくるのが悩ましいところです。ムダ毛の切り口が太くて黒く、よけい濃く見え、チクチクとした手触りが不快でたまりません。
普段は長いジーンズが多い私ですが、たまにスカートや足首が見えるクロップドパンツなどをはいた時にうっかり手入れを怠っていて恥ずかしい思いをしたことがあります。ストッキングからチクチク出ている時は最悪です。また、スニーカーソックスなど足首が見える短い靴下の場合も、外出先で気づいて落ち着かなかったことがあります。
主人と結婚前に、誕生日プレゼントに何がいいかと聞かれて、「ムダ毛処理器セット」を希望しました。主人は同僚から、彼女にそのようなものをプレゼントするのはムダ毛が濃いと言っているようなものだからやめた方がいいとアドバイスされたとのこと。私が欲しいのだから全く問題はないのですが。
プレゼントはパナソニックのシリーズです。手足用脱毛器ソイエ、脇用シェーバーサラシエ、顔の産毛用フェリエの3点セットをもらいました。
残念ながら脱毛器は私には合いませんでした。とにかく痛くて、お手入れをするのが苦痛なのです。私のムダ毛の毛根が大きいのでしょうか。あまりの痛さに使用しなくなってしまいました。脇用のジェーバーも仕上がりがあまり好ましく思えずお蔵入りに。顔の産毛剃りだけは気に入って買い替えながら愛用しています。
手足のムダ毛処理は結局カミソリに戻りました。改良点と言えば、一枚刃は止めました。値段は高くなりますが、現在はジレットのヴィーナススワールを使用しています。これは5枚刃で替刃式です。ヘッドが稼働して、肌の曲線に沿ってきれいに剃ることができます。シェーブジェルを使うと滑らかで肌を痛めることもありません。刃を交換でき、経済的です。仕上がり後はボディローションを使用しています。
これからムダ毛処理を始める若い方には自分に合った処理方法に出会うため、色々な商品を試してみることをお勧めします。カミソリでも刃の枚数やハンドルの状態、各メーカーから様々なタイプが発売されています。電動カミソリもあります。除毛クリームやローション、ワックスなども。自分の肌質や手軽さ、経済面を考慮して、現在は多様な選択肢があるのがいいですね。また、最初はお手軽なものから始め、そのうちにアルバイトや就職で自らお金を稼ぐようになった時、若いからこそプロによる脱毛も考慮に入れてはいかがでしょうか。年を重ねるとなかなかサロンには行く時間やお金がなく、家族優先で自分のことは後回しになりがちです。自分磨きに投資するのも一つの選択だと思います。