T字カミソリでの脇毛処理をする時の要注意事項・・・

高校生の頃、わき毛が生えてきたので処理をしようと思っていましたが、父子家庭だったこともあり処理の仕方が分からずに悩んでいました。体の発育も遅い方で、友人たちはすでに中学生でわき毛処理をしており、高校生になってから友人に聞くことも恥ずかしくてできませんでした。

ネット情報で、カミソリを使って処理する方法があることを知り、カミソリならば10代の自分でも恥ずかしくなく購入できるだろうと思い、ドラッグストアに購入に行きました。ですが、数あるカミソリの中でどのカミソリを選んで良いのかわからず、とりあえず量がたくさんあって安価だったT字カミソリを購入しました。

初めて購入したカミソリでどのように処理してよいかわからなかったので、とりあえず鏡にわきを映しながら水でわきをぬらして剃ってみました。肌に痛みを感じたので、ボディソープを塗ってから剃るとあまり痛みを感じずに剃ることができました。
つるつるに剃ることができたので、しばらくは満足して過ごしていました。

そんなある日、仲の良い友人から、「カッターシャツからわき毛が見えてる!」と忠告されました。私は、剃ったばかりなのにわき毛がもう生えてきたことに対する驚きと、カッターシャツの合間から見えるものなんだという二重の驚きがありました。

とても恥ずかしかったので、それから毎日お風呂でわき毛を剃るようになりました。ところが、きちんと保湿などのケアができていなかったからか、毛が埋没するようになったり、黒ずんだり、毛穴がぽつぽつと目立ったりと散々なわきになってしまいました。
そこで、恥を忍んで友人にわき毛処理について相談すると、脱毛器や脱毛クリームを利用している人が多いことがわかりました。ただのT字カミソリを使用しているのは私くらいで、カミソリを使っている人も、わき用にカーブしたものや保湿成分がついているものを選んでいることを知りました。

それから高校生の頃は電動の脱毛器を利用してわき毛処理をしていました。あとからカッターシャツからよくわき毛が見えていたと聞かされた時は顔から火が出るほど恥ずかしかったです。

大人になった現在は、脱毛サロンに通って処理をしています。ほぼ、自宅での処理が必要ないくらいのわきになりました。若いころは、サロンに通うようなお金のかかる処理は難しいとおもいます。ですが、むやみに肌を傷つけるとあとから後悔することになります。なので、肌に優しい成分のついたカミソリやわき毛処理後のケアを大切にすることがおすすめです。